類似商標を避けるための留意点

類似商標を避けるための留意点

商標登録出願に際して是非避けたいのは、既に商標登録出願された他人の登録商標と同一の商標を出願してしまうことですが、それと並んで注意すべきなのは既に商標登録出願された他人の登録商標に類似する商標の出願です。同一商標の場合と違って、類似商標の場合は非常に多くの可能性が考えられますので注意を要します。

類似商標を判別するには、3つの側面から考える必要があります。

類似商標判断基準

I.まず、外見や呼び方、観念に着目して類似かどうかを判断します。

A. 商標の文字、図形、記号など、商標の外観が紛らわしい場合、「外見類似」とされます。例えば足跡2つにロゴが入ったマークと、ロゴなしの足跡3つのマークは外見類似となります。

B. 商標の呼称が紛らわしく聞こえ、誤認や混同を生じる可能性のある場合は「呼称類似」とされます。それには以下のような例があります。

1、ポチッパーとポキッパーのように、音が同数で、違っている1音の母音も同じである場合。

2、カスバとカスベのように、音が同数で、違っている1音が50音順の同行にある場合。

3、キトリンとギトリンのように、音が同数で1音だけが違っているが、それが清音、濁音、半濁音の差にすぎない場合。

4、カンネルKANNELとカイネルKYNELのように、違っている1音がどちらも弱音であったり、弱音の有る無しの差にすぎない場合。

5、ラーマンとラマンのように、違っている1音が長音の有無といった差にすぎない場合。

6、エンサイキトロンとエンサイリトロンのように、同数の音からなる比較的長い呼称で1音だけ違う場合。

7、ダンプベルDAMPBELとダンベルDAMBELLのように、比較的長い呼称で1音だけ多い場合。

8、全体の音感が似ている場合。

C. 商標のもつ意味が同一であるか、紛らわしいために誤認や混同を生じるような場合は「観念類似」とされます。巨人とKYOJINとGIANTSなどはこれにあたります。

II.次に、時間と場所に着目して比較します。

同じ場所で同じ時間に二つの商標を直接比較して判断する「対比観察」と、時と所を変えた場合に2つの商標を間違えるか否かを判断する「隔離観察」があります。隔離観察は、外見類似や呼称・観念の類似の判断の際、非常に重要とされています。

III.更に、全体と主要な部分を観察します。

文字、図形、記号、それらの組み合わせ、それらと色彩との組み合わせといった、商標の要素となる部分を総合し、その全体の構成に着目して類否の判断を行う「全体観察」と、商標の構成の中で特に印象に残りやすい部分を抜き出して比較・判断する「要部観察」があります。