識別力ある商品商標とは?

識別力ある商品商標とは?

商品に対して使われる商標である商品商標を登録出願する際にポイントとなるのは、商標自体の独自性や他の商標との関係ですが、商標の独自性には「対象となる商標が明確に他と識別できるものであること」という要素が含まれます。以下のうち一つでも当てはまる場合は、識別力がないと判断され、商標登録が許可されないことになりますので、注意が必要です。

社長のための商標登録

他との識別力

1.ナイロン、エスカレータなど、商品の普通名称を普通に用いられる方法で表示する標章のみからなる商標。

2.清酒に対して「正宗」、餅菓子に対して「羽二重餅」、カステラに対して「オランダ船の図形」で商標とするといった形は、その商品についての慣用表現を使っただけの表現であり、商標として識別力がないと判断されます。

3.商品の産地、販売地、品質、原材料、効能、用途、数量、形状、価格・生産・使用の方法・時期を、普通に用いられる方法で表示する標章のみからなる商標には、識別力がありません。例えば、国名・地名・「ニューヨーク」のような著名な繁華街などで産地や販売地を表現したもの、「ハード」・」「ストロング」のように品質を表すもの、「エクセレント」・「デラックス」のように品位や等級を表すもの、「牛乳」・「マーガリン」など原材料を表すもの、「インターナショナル」・「安眠」など効能を表すもの、「家庭用ペイント」など用途を表すもの、「30個入り」・「8番線(針金)」など数量を表すもの、「ビッグ」・「ロング」など形状を表すもの、「500円」など価格を表すもの、「クーポン」、「土用(土用うなぎ)」など使用方法や使用時期を表したものは、それだけでは商標と認められません。

4.佐藤、斉藤など電話帳に非常に多く記載されている氏名や著名な地名(行政区画名、旧国名、外国の地名も含む)などに、商店・商会・屋・家・社・堂・舎・洋行・協会・研究所・製作所・会・合名会社・合資会社・有限会社・株式会社・K.K・.Co.・Co.,Ltd・Ltd.といった普通の名称をつなげただけの商標は、ありふれた名称を普通に用いられる方法で表示する標章のみからなっていると判断され、識別力を認めてもらえません。

5.ローマ字1文字または2文字のような極めて簡単でありふれた標章のみからなる商標は、商標として認められません。

6.消費者が、常識的に商標として他の商品と識別できないような商標は、認められません。例えばNetやGrossなどのような数量等を表示するための文字や元号は、原則として商標としての識別力をもたないとされます。