商標の使用に関わるトラブル

商標の使用に関わるトラブル

商標をTシャツの胸部のほとんど前面にわたって大きく使用した場合は商標を使用したことになるのかという問題の例としては、ポパイ事件があります。子供用下着の胸部上方に「POPEYE」の文字を横書きし、その下にポパイの絵をあしらった製品などを製作・販売していた業者を、登録商標保持者が商標権侵害として訴えた事件です。この場合は原告の請求が認められませんでした。

一方、別のポパイ事件では商標権侵害が認められています。それは、マフラーの一方の隅の部分にワンポイントマークとして「POPEYE」の標章をつけた件で、マフラーの製作・販売者が商標権侵害で訴えられた事件でした。

この判決の違いは、「POPEYE」の標章の使われ方の違いからくると考えられます。商標が表示されるのは衣服の場合、えり吊りネームや織りネーム、吊り札、包装袋といった場所が一般的で、こういった箇所に登録商標と同一又は類似の標章が使われている場合には商標の使用となり、商標権の侵害が起こっているとみなされます。マフラーに使用された「POPEYE」の標章はこれに相当すると判断され、ワンポイントマークとして標章のもつ装飾的、デザイン的な効果があることは無視できないとはいえ、このワンポイントマークによってこの製品がブランド機能をもち、それにより品質面での信頼感などが増し、消費者へのアピールとして働いている部分が大きいと判断されました。それによりワンポイントマークが商標として機能したとみなされた訳です。

商標の侵害ではない

これに対して子供用下着の事件では、「POPEYE」の標章は「面白い感じ、楽しい感じ」などを表現する装飾的、デザイン的な要素の方が際立っていて、消費者はその雰囲気にひかれてその商品を購入することはあっても、「POPEYE」の標章を商標ととらえてブランドを確認するとは考えられないと判断されました。また、本来の商標として使用される限り、世界的に著名であっても商品の全面や背面をおおうように大きく表示されることがないのが現状であるという理由もあり、商標権侵害にはあたらないとされました。

こういった事例から考えて、「POPEYE」のようなかなり有名で独特のイメージをもつ商標をTシャツの胸部の前面にわたって大きく使用しても商標の侵害にならない可能性が高いと考えられます。