飲食店のテイクアウト品と商標権

飲食店のテイクアウト品と商標権

飲食店でテイクアウト販売をしている場合、それは商品商標の使用といえるのかという問題では、飲食店内で提供される料理が「商品」に該当するかどうかがポイントとなりますが、判断が難しいところがあります。

判例として、中納言事件と後楽そば事件があります。中納言事件は、「中納言」の商号で料理店を営み、「中納言」の商標を看板や箸袋に使用し、中納言会席や中納言弁当といった形でメニューにも使用していたCに対して、食品・卵・水産物・野菜・果実・加工食品を指定商品とする登録商標「中納言」の商標権侵害が問われた事件です。この事件については、「店内で飲食される料理は他人のものとの識別を必要とせず流通性も全くないため、商標法上の商品とはみなされない」という理由から、商標権侵害とはなりませんでした。

商品とみなされた場合

一方、加盟店などを通じて「後楽」・「後楽そば」などの標章を、のれん・看板・メニュー・新聞広告などに使用し、店内で中華そばを提供していたフランチャイズ本部の運営者Dが、中華そばめん・うどんめんなどを指定商品とする登録商標「後楽」の商標権を侵害したのではないかという点を問われた後楽そば事件では、商標権侵害と判断されました。この場合、店内で提供される「中華そば」は商品ではないが、主材料である「中華そばめん」は商品とみなされ、「後楽」の商品商標権を侵害したと判断されました。どこでも同じ味であることが期待されるフランチャイズ飲食店であり、商標の使用によって顧客が材料の出所に信頼を寄せる可能性も考慮されたと考えられます。

このように、飲食店内での「商品」の認定も状況によって差があることから、テイクアウトについての判断も一様ではありません。顧客から特に注文された場合、例外的に「天一」の標章のついた折り箱や紙袋を使って有償でテイクアウト品を提供した天一事件と、ライブ演奏の店のロゴが入ったプラスチック容器や紙袋に入ったホットドックを持ち帰った顧客がいたため商標権侵害に問われたパワーステーション事件ではどちらも、持ち出した食品は例外的なもので「商品」ではないとされ、商標権侵害にはなりませんでした。

しかし、購入だけではなく店内飲食もできるパンの店で、ロゴのついた紙袋にパンを入れて販売していたマイスター事件では、パンは「商品」とされ、商標権侵害が認定されています。